外貨預金とFX

日本の通貨である円以外の通貨を、外貨と呼びますが、この外貨を用いた資産運用法にはいろいろなものがあります。
その中でも代表的なものと言えば、まずバブル期に一世を風靡した外貨貯金が挙げられるでしょう。これに対して、その後を追うようにして人気を博しているものにFXがあります。

この二つの金融商品は、同じ外貨というものを扱いながら、その性質は大きく異なる特徴を見せています。
外貨貯金は、日本の円を外貨に交換し海外の銀行に預けるシステムで、その主たる利益は、通貨に設定されている金利から得られています。
日本の通貨金利は、全世界を見ても非常に低く、これを外貨にして貯金をするだけで、大きな金利を得ることができるのです。

これに対して、FXでは通貨そのものを売買し、外国為替市場の為替相場の変動を利用して利益を求めていくシステムになっています。
自ら新規に注文を立てて通貨を保持し、その通貨が利益を含むのを待ち、自らで決済注文を行って利益を確定させていくのです。
つまり、外貨貯金とFXはその根本からして大きく違うのですが、実はこのFXには外貨貯金と同じように通貨の金利をで利益をあげる方法があるのです。

FXでは2つの通貨のペアを売買していきますが、この通貨の金利の差をスワップポイントと呼び、金利の低い通貨で金利の高い通貨を買って保持することで、この金利差を日ごとに利益として受け取ることができます。

これを利用すれば、FXでも外貨貯金のように利益を得ることができますし、むしろ外貨預金よりもはるかに小回りを利かせて運用することができます。
例えば、外貨預金では一度預けてしまうと、なかなか円に戻すことができなかったり、換えることの出来る通貨の種類も少なくなっています。
FXでは、通貨の売買がメインになっていますので、その通貨の種類も多く、いつでも円に戻したり、買い増しをして増やしたりすることも24時間いつでも容易にできます。
また、取引手数料も大きく違っていて、外貨貯金では大きな手数料を取られますが、FXでは多くの取引業者で手数料が無料となっているのです。

そして、最大の違いがレバレッジを利用した運用になります。レバレッジとは、FX取引業者に預けた証拠金を元に信用取引を行い、資金の何十倍もの投資を行える仕組みなのですが、これを使えば少ない資金でも大きな利益を得ることが出来るのです。
外貨貯金は、元の資本以上の運用はできませんので、この点は大きな違いとなるでしょう。

しかし、良いことづくめのように思えるFXにもデメリットはあります。FXには多くの場合ロスカットという仕組みがあり、保持している通貨の含み損が、預けている証拠金に対して一定の値になると、その場で取り引きが中止され、その含み損を抱えたまま強制的に決済されてしまうのです。
これにより、それまで蓄積されていたスワップポイントも生産されてしまいますし、なにより、損失での決済になりますので、結果的にマイナスになることが多いのです。

このように、どちらの資産運用にも一長一短があるため、選択する投資家の投資スタイルや目的によって、選択することが一番だと考えられます。