バイナリーオプションの経緯

バイナリーオプションは、分かりやすい取引の仕組みと、少額で始められる手軽さから人気の出ている金融商品ですが、特に国内において過去にいろいろな問題があり、規制を受けたという過去があります。

バイナリーオプションに対して規制が敷かれたのは2013年の事になります。
それ以前は、賭博性が高く、まるでパチンコやスロットなどのギャンブルと同じだ、という言われ方もしていました。
都市伝説のような様々なうわさが飛び交い、全ての資産を失ったとか一晩で何百万もの儲けを出した、というような情報がまことしやかに流れていたのです。

もちろん、その仕組みはギャンブルとは全く違い、ある物の価値の変化が、一定期間の後に、予め定められた条件に達するか達しないか、という部分を予測していく金融商品であり、多くの場合は通貨を銘柄にしているために、その予測を立てるためには、しっかりとした外国為替市場の知識や、世界経済の最先端情報などをつかんでいないと、勝率を上げていくことは難しく、また外国為替の相場の乱高下を抑制することにも一役を買っている投資取引になります。

しかしながら、ルールがあいまいな部分もあり、それまでの投資取引とは違って圧倒的な短期間で投資が満期を迎える要素などが問題視され、そうしたことを明確化するためにも、2012年に取扱業者によるワーキンググループが開かれ、自主規制の方向で事態が進行し、それらを元に内閣府令が交付されました。
またこれに伴って、金融先元取引業界からバイナリーオプションに対するガイドラインが発表され現在に至ることになりました。

これにより、国内のバイナリーオプションは、安全に取り引きが行われるようになり、各社の特徴が出にくくはなったものの、初心者に対して広い門戸を開くことが出来るようになったと見解することもできます。
また、これに対して国外のバイナリーオプションはこの国内規制を受けないために、実に様々な形態を残しており、より高度なバイナリーオプションを楽しみたいという上級者の投資家たちの間では、日本の顧客市場を開拓するべく、ホームページやサービスの日本語化対応や日本人スタッフを配するなど、言語の壁を取り払って積極的な集客をする海外のバイナリーオプション業者を懇意に利用する人たちも出てきています。

バイナリーオプションもFXも、時にこうした規制の対象になってきましたが、様々に形を変え、時代のニーズに合わせて進化を続けているのです。